スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

隠れ肥満とは


隠れ肥満とは、体重は正常であるが、体脂肪率が高い状態のことを言います。割合的に言うと、男性で25パーセント以上、女性で30パーセント以上である状態が隠れ肥満と言えます。


20歳代女性の3~4割もの高頻度で、低体重または普通体重でありながら体脂肪率が高い「隠れ肥満」や「隠れ肥満傾向」がみられると言われています。


隠れ肥満は見た目が普通なので生活を改善することなく過ごしてしまうことが多く、気付かぬうちに肥満が進んでしまうことがあるのでとても危険なのです。


肥満は高血圧、高脂血症、心筋梗塞、糖尿病、脳梗塞などの病気を起こしやすくなるので、隠れ肥満になったらこれらの病気になるのを未然に防ぐことができない可能性があります。


そこで肥満の判定としてBMIという数値があります。
BMIは身長と体重から導き出される数値であり、体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)で求めます。日本肥満学会が決めた判定基準では、統計的にもっとも病気にかかりにくいBMI22を標準とし、25以上を肥満としています。

体重的には全然大丈夫だけど、BMIの数値では肥満判定だった方は隠れ肥満ということになります。



前ページ | ホーム | 次ページ
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。