スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

お酒の飲み方


アルコールは太るっていうイメージありませんか?
実はアルコール自体はそこまで高カロリーではないんです。

生ビール(大ビン1本) 250kcal
生ビール(中ジョッキ) 200kcal
生ビール(ロンググラス250ml)100kcal
焼酎(コップ1)    250kcal
日本酒(とっくり1本 コップ1杯)200kcal
ウイスキー(ダブル1杯) 150kcal
サワー 140kcal
老酒(100ml) 105kcal
紹興酒(1合180ml)200kcal
グラスワイン(120ml)100kcal
ウーロンハイ(コップ1杯) 90kcal
シャンパン (グラス1杯80ml) 80kcal
ウイスキー(シングル30ml) 75kcal
ブランデー (シングル30cc)75kcal
バーボン(シングル30cc) 65kcal


ではなぜ太るイメージがあるのでしょうか?

その原因はお酒と一緒に食べるおつまみなんです。

おつまみには揚げものや塩辛いものがよく合って、ついつい食べ過ぎちゃいますよね。
酒を飲みながらこうしたおつまみを食べると、どうしてもエネルギーの摂りすぎになってしまいす。

そこで、酒のつまみの選び方についてです。

お酒と一緒だと無意識の内に、高カロリーなつまみを食べがちになりますので、出来るだけ低カロリーの物を選びましょう。

例えば...

冷奴
湯豆腐
鳥のささみ
枝豆
酢の物
イカ刺し
トマト

などが良いでしょう。


あと、いくらお酒がカロリーが低いからと言って飲み過ぎはいけませんよ。

アルコールのカロリーは食欲が増幅され、適量を守りきれずに暴飲・暴食を繰り返してカロリーオーバーとなってしまうパターンが多いですから。

適量を守って飲み過ぎなければ、お酒はストレス解消にもなるので、リラックス効果が期待できます。お酒は自分のペースでゆっくりと飲み、楽しく飲めれば一番です。

















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。