スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ダイエットと睡眠


睡眠というと、健康のためにはとても大切なことだけども、ダイエットにはあまり関係ないのでは?と、思う人もいるかもしれません。

でも実は、睡眠はダイエットにとっても非常に重要な役割をもった活動なのですよ。


海外での研究によると、肥満度は7~8時間眠る人が最も低く、それより睡眠時間が短くても長くても肥満度が高くなります。4時間以下の人は73%、5時間の人は50%も太りやすいという結果が出ています。


どうして睡眠時間が短いと、肥満になりやすいのでしょうか?


それは、「レプチン」と「グレリン」というホルモンのバランスが崩れてしまうからにあります。

人の食欲は食欲促進ホルモンの「グレリン」と、食欲抑制ホルモンの「レプチン」で制御されています。 睡眠時間が短い場合、「グレリン」が多く分泌されるのに対し、「レプチン」は機能せず、食欲を抑えきれなくなります。

結果、ついつい食べ過ぎちゃうことになるのです。


こうならないためにも痩せやすい睡眠のポイントを紹介していきます。

①睡眠時間7時間半
②深い睡眠でぐっすり眠ること



寝る前のパソコンなどを控えたり、お風呂によってリラックスしたり、寝る前のお酒の飲み過ぎに注意することで深い睡眠でぐっすり眠ることができます。
また、自分に合わない寝具で寝ていると十分に疲れが取れなかったりするので、自分にあった寝具を選ぶのも大切です。


健康維持の為にも、質の良い睡眠を心掛けましょう。


スポンサーサイト

| ホーム |
Page Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。